南清庵

蕎麦打ち・うどん打ち・パン作り・畑・散歩・車・他 趣味三昧の日記。

 | HOME |  NEXT »

3月5日 サッカーのスパイク  (2011-03-25)

3月5日の土曜日は下の子(♂)のサッカー用のスパイクを買いに出掛けました。
今までは練習用のサッカー靴を履いていたのですが、今後の試合ではスパイクを使用するそうです。

サッカー用品の専門ショップの中は色鮮やかで色々なウエアが売っています。

こんな店に一緒に買い物しに来るのも小さいうちでしょうね。
今度4年生になるので、あと2,3年でしょうか。
嬉しいやら寂しいやら複雑な心境です。

この後、別の店に上の子(♀)のバスケットボールチームで使う小物を買いに行きました。
が、上の子(♀)は 最近 親と買い物に動きません。
寂しいのもですね〜(涙)

3月6日 祖母のお見舞いとレインボーブリッジ  (2011-03-24)

九十九里浜での水遊び、浜清丸での昼食を終えて、祖母の入院先に寄り道です。

15時からおやつの時間なので、14時頃に着いて15時には帰宅の途につきました。
帰り道も 7号小松川線を通らずに、湾岸線を抜けてレインボーブリッジを通って帰ることにしました。
湾岸線から11号線に乗るとじきに遠くに東京スカイツリーが見えます。

レインボーブリッジです。

行きと同じく車の中では女房と上の子(♀)が写真を撮りまくっています。

スピードを落としめにして走っていますが、あっという間に渡りきってしまいました。

渡り切ると左側には東京タワーが見えます。

数箇所で軽く渋滞した程度だったので、16時過ぎ頃には自宅に到着しました。

こうして2011年の結婚記念日は5日遅れで無事に終了しました。

3月6日 浜清丸 (九十九里浜 白子)  (2011-03-19)

寒い風の中、海での水遊びを終えた玄爺一行は、浜清丸というお店に向かいます。
ここは、玄爺の結婚記念のお祝いで美味しいものを食べたいという女房の要望をかなえるために
玄爺が探しておいたお店で、11時開店で11時半には行列ができるほどのお店なんです。
が、玄爺は行列に並ぶのが苦手です。

そこで、準備中の内に駐車場に入り開店を待ちます。

開店準備が終わったお店の入り口です。

店内に通されるといくつもの大きな水槽があります。

小奇麗なお店に好感が持てます。

玄爺と女房は、浜清丸 海鮮丼を注文。
上の子(♀)は、いくら丼、下の子(♂)は、アジフライ御膳を注文しました。
これが、浜清丸 海鮮丼です!
刺身の凄さが分かりますか?
お重からはみだしまくっています。

ふたをあけると、これです!

ひとつひとつの刺身が大きくて厚くて、ご飯がなくても これだけでお腹が膨らみます。
こちらが、上の子(♀)が頼んだいくら丼。
写真ではわかりませんが、いくらが 凄く分厚く敷き詰められていて、いくら好きな上の子(♀)も
満足な丼だったようです。
下の子(♂)のアジフライは写真を撮っていないのですが、分厚くホクホクとした身で
スーパーなどのアジとは大きく差があります。
写真に撮っておけばよかったと大後悔です。

3月6日 九十九里浜  (2011-03-16)

3月1日は玄爺たちの結婚記念日でした。
いつもの記念日は小僧寿しのようなものを買ってきて、家の中で軽くお祝いをしていましたが、
今回は外に出て美味しいものが食べたいという女房の希望がありました。

女房は築地で美味しい寿司が食べたいというのですが、人ごみや行列が苦手な玄爺は嫌です。
そこで海まで遊びにいって美味しいものを食べたらどうだろうと考えました。

しかし、海に行くと塩害で車のボディーが痛むので、ほとんど海に行ったことがないです。
結婚して14年になりますが、今までで1度しか海に行っていない位です。

そこで、海風を避けて駐車が出来て、高い防砂壁があって直接海風をあびないところを探した
結果、九十九里浜を選びました。

朝7時半頃に自宅を出て、9時半頃九十九里浜に到着。
11時から美味しいものを食べて、帰り道に寄り道して13時頃に祖母の入院先に寄ります。
16時には自宅に戻るイメージの計画です。

計画の通り、7時半に出発。
女房の希望でレインボーブリッジを渡ります。
車の中では女房と上の子(♀)が右に左に写真を撮りまくっています。

まるで田舎っぺですが、いつも湾岸線を抜けずに京葉道を通るので無理もありません。

東京スカイツリーが彼方に見えます。
あの近くに7号(小松川線)があるので、いつもはあの近くを走って千葉に行っています。

目的地につくと予め調べておいた場所に駐車して、そこから10分ほど歩きます。
防砂壁になっている九十九里波乗り道路の下をくぐります。

すると白子自然公園の案内板があります。

更に3,4分海岸を進みます。

ようやくの海。
海に着くと子供達はおおはしゃぎです。


生まれて2度目の海ですからね〜。はしゃぎたいのも仕方ないかもしれません。

最初は波打ち際ではしゃいでいました。

が、この写真の直後に転びまして頭からビショビショになったのをきっかけにもう無茶苦茶です。

寒くないのか問いかけると「寒い」と言っています(笑)
でも「風邪をひいてもいいので、もう少し遊びたい」との希望。

この後、40分ほど海遊びを愉しみました。
上の子(♀)もブーツの中に水が入ったらしくて、もう気にせず海の中に入り始めました。

その後、近くに見えていた防波堤の先端まで歩いてみました。


ここは川が流れ込んでいるところで海面が他より高く盛り上がっていて、なんとなく怖いです。

子供達はビショビショ。
でも着替一式と代えの靴も持ってきています。
食事の前に、水で簡単に砂を流して着替えさせました。

さぁ、いよいよ美味しいものを食べに行きます。

3月3日の公用外出  (2011-03-13)

3月2日の東京ドームに続き、3日は八王子にある日本工学院に公用外出です。
八王子みなみ野駅前は開発中です。

通学バスに乗り込みほどなく学校に到着です。

16時半で終わったのですが、その後、学校側の対応者の方との会話が長引きまして、
17時頃に学校を後にしました。
夕映えの中、山が近くに見えます。。。まだまだ自然が多いところですね。

ここから約2時間を掛けて自宅に帰りました。

2月27日 東京マラソン  (2011-03-12)

3月11日の大地震。
被災された方々には心よりお見舞いを申し上げます。
玄爺、帰宅難民になり12日の午後に自宅に戻れました。
テレビを見ていると、まだまだ玄爺は幸せなレベルです。

さてさて2月27日は東京の一大イベントとして定着しつつある 東京マラソンです。
三万数千人のランナーが出場します。

いつもは車が途切れることなく走っている道をランナーが走ります。

心なしか空気が綺麗な気がするのは気のせいではないと思います。

街のあちこちに横断幕がおりていて、東京の街がひとつになっている。
そんなことを思わせる雰囲気がありました。

玄爺は銀座四丁目界隈をあるいただけで早々に引き上げました。
終わりまでみると、普段の通勤ラッシュよりも凄いラッシュに巻き込まれますからね(笑)

3月2日の公用外出  (2011-03-09)

3月2日は後楽園ドームへ公用外出です。
直行直帰です。
駅から東京ドームホテルの壁沿いを歩きます。

それにしても大きなホテルができたものですね。

程なく東京ドームが見えてきました。

その向こうには遊園地が見えます。


この日は昼頃から雨が降ったり止んだりして、時折日が射すような変な天気です。
風が強く寒かったです。

18時までの予定をこなし、18時過ぎに帰宅の途につきました。

2月26日の蕎麦  (2011-03-08)

2月20日に続き、見た目と手の感覚で加水量を調整して打ちました。
ピンクのタッパは玄爺宅用、他は親世帯用で 練習のために2回に分けて打ちました。
1回あたり 蕎麦400g つなぎ100g の500g打ちです。
この位に少量だと扱いやすいです。

葱と卵だけが具ですが玄爺にしては珍しく温蕎麦にしました。

蕎麦切れも起こらずうまく茹で上がりました。
まぐれではなく、ちゃんと加水量を感覚で捉えられるようになれたのかもしれません。
これでいい気にならずに続けて打ち続けて感覚を磨きたいところです。

2月25日の公用外出  (2011-03-07)

この日は神奈川県立産業短期大学へ外出です。
相鉄の二俣川駅に到着です。

去年も触れましたが、二俣川は綺麗になったイメージがあります。

お昼過ぎの時間で人通りが多いのですが、どこかで食事をしなくちゃと思い、
ひとりウロウロとします。
結局、駅の脇にある立ち食い蕎麦屋で盛り蕎麦を注文です。

大学まではバスで5分程度なのですが、バス代を浮かすために駅から20分ほど歩きます。
途中、二俣川自動車試験場があります。

そこから程なく大学に到着です。

ここの大学は、通常の大学と雰囲気が異質で、職業訓練校のような様相です。

短期大学ですが、4年制の大学より単位時間が長いんです。
しかも専修内容が もろに職業訓練です。

その性か 学生さん達の顔つきも違うように感じます。凄く真剣な目をしてるんです。
大変ですが、頑張ってください。

2月21日 地元のラーメン屋  (2011-03-06)

21日玄爺は会社を振休で休みで、同じく振替休みの下の子と留守番です。
たまには外食するか、と二人で出掛けた地元のラーメン屋のワンタンメン 大盛です。
この写真だと大盛さ加減が伝わりにくいのですが、ラーメン2杯分はある大きなどんぶりです。

満腹感はあるのですが、当たり障りのない味といいますか。
汁の味が物足りない、残念なラーメンです。

まぁ、人様が作ってくれる料理に文句は言えません。
汁1滴残らず完食しました。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

南清庵 の 玄爺 です!

南清庵 の 玄爺 です!

蕎麦打ち・うどん打ち・パン作り・畑・散歩・車・他を趣味とする都内在住の45才のオヤジです。
寄る年波の性か物忘れが激しくなったのをキッカケに日記を残そうと思い立ちました(笑)。
趣味三昧の手前勝手な内容ですが、時々お立ち寄り下さいね。

twitter

Search

Others

fxwill.com

 

2009年5月8日〜計測

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

お名前シール
Slow-Rabbit

Calender

« | 2011-03 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -