南清庵

蕎麦打ち・うどん打ち・パン作り・畑・散歩・車・他 趣味三昧の日記。

 | HOME |  NEXT »

6月26日 桂川ウエルネスパーク  (2011-07-27)

26日も南清庵から東京の自宅へ下道で帰ることにしました。
で、丁度 時間的に中間にあるのが、桂川ウエルネスパークです。
玄爺も前回はじめて来ました。
6月26日の桂川ウエルネスパークは霧が出ていて非常に涼しかったです。
眼下に見える中央道はガラ空きです。

まずは腹ごしらえで「里山交流館」の脇にあるレストランに入ります。

ここはうどんが押しだそうなので、玄爺は、温うどん200円+温玉50円+海老天150円で400円です。

かなりしっかりしたうどんでしたよ。美味しかったです。

食事の後、公園の奥へ進み、前回 渡り切ることができなかった吊橋を渡ります。

丁度真ん中頃の風景です。


長さ数十メートルの長いローラー滑り台。
12歳以下という但し書きを無視した玄爺家族です。。。

公園の管理者さん、すみません。
でも、のんびり愉しむこともできて、満足気分で帰路につきました。








大きな地図で見る

6月25日 恒例の大滝湧水  (2011-07-24)

朝早く桔梗屋に行った25日の夕方。
最近、恒例になっている大滝湧水を汲みに出掛けました。

玄爺家の他に3組が来ていました。
ここの水は最高に美味しいんですよね〜。

帰り道。
反射鏡に映った、玄爺の愛車です。
見えますか?(笑)





大きな地図で見る

6月25日 桔梗屋  (2011-07-21)

みなさん、桔梗屋ってご存知ですか?
そう! あの「信玄餅」で有名なお店です。

この桔梗屋では、毎日 不良品や消費期限の近い商品をビニールに
詰められるだけ詰め放題で、なんと210円です!

6月25日は天気予報は1日雨。。。
「畑も車掃除も出来ないし、どこか遊びに行こうよ」と女房のお言葉。
そこで、桔梗屋の詰め放題にチャレンジしようと盛り上がりました。

朝6時前に起床して桔梗屋に8時半位に到着したのですが、既に大行列!
第三駐車場は満車。第二駐車場も半分位は埋まっていて、流石に凄い状態です。

駐車場の状態を見て、愛車を停めておきたくなくなった玄爺は、詰め放題を辞退。
近くをウロウロして待つことにしました。

雨の予報が例の如く外れて とても良い天気だったので暑さが計算外だったのですが。

行列に並んだ女房達は、9時過ぎに整理券を貰うことができましたが、
118番、119番、120番でした。
詰め放題が出来るのは11時過ぎだそうです。
8時半に着いて整理券が手に入っても2時間近く待つなんて凄いですよね。

整理券一桁台の人は何時から並んでいるんでしょうね。

整理券を貰えた人達は、ずっと列に並ぶ必要はなくて、番号を呼ばれるまでウロウロとしていても
大丈夫です。
隣接する「おかしの博物館」に入ったようです。

内部はお土産屋があり、その奥が博物館です。

見事なお菓子の芸術品が並んでいます。


「おかしの博物館」の脇には日本庭園があり木陰に涼しい風は吹いていたそうです。
(玄爺は20号線を行ったり来たり、一人ドライブしていたので知らないんですが(笑))

11時少し前・・・そうこうする内に順番が回ってきました。
詰め放題は、アウトレットの建物の中で行われます。

詰め放題の様子。

上の子(♀)は没頭、下の子(♂)は真剣さが感じられない雰囲気です。

それでも頭を使って詰め込んでいきます。

詰め放題の後、玄爺を除いた家族は、美味しいソフトクリームを食べたようです。
このソフトクリームは、黒蜜ときなこにお餅も乗っています。
なんとも言えないハーモニーが口に広がる美味しさだったそうです。1個300円。


さてさて、南清庵に帰って戦利品の勘定を。
まず、信玄餅。
女房 :15個。  上の子(♀):16個。   下の子(♂):14個で、計45個。
これで、630円也。 1個 14円の計算、安いですよね!

その他に、アウトレットで低価格商品(詰め放題ではありません)

ちなみに玄爺が工夫して同じビニール袋に詰めてみると18個入りました。

信玄餅を、沢山 詰める方法としては、真ん中に入れた信玄餅を中心に周囲に並べて
1段に6個。それを3段で詰めると綺麗に入りますよ。

家族は驚いていましたが、やみくもに詰めても入らないものは入らないですよね(笑)
最後は「信玄餅」の「スカイツリー」です。


そうそう、桔梗屋に売っているお茶。「風林火山」です。
地元の提携農家のお茶100%で、非常に丸い味で飲みやすく美味しかったです。
玄爺、お勧めですよ。



大きな地図で見る

6月24日の公用外出  (2011-07-19)

武蔵小杉に外出しました。
武蔵小杉は、よく湘南新宿ラインで通り過ぎるのですが、降りるのは初めてです。
この駅は、南武線、東急東横線、JR(湘南新宿ライン、横須賀線)が通っています。
JR(湘南新宿ライン、横須賀線)は後から通ったためか1キロ近く離れています。
でも街中を歩くわけではなく、こうした通路をテクテクと歩くんです。

南武線のホームから、10分以上掛けて「横須賀線口」に到着しました。

外出先のビルまでは 約3分。
改札を出てからはあっという間の距離です。

高層階に通されて、いきなり写真を撮らせてもらいます。

おー、遠くのほうに今乗ってきた電車の線路が見えますよ。

高所恐怖症の癖に高いところからの写真が大好きなんて、我ながら変わってますよね(笑)

暑い暑い日の外出でした。


大きな地図で見る

6月5日の公用外出  (2011-07-16)

日本橋 三井タワーにあるマンダリンオリエンタル 東京に出掛けました。
目的はセミナー出席です。

セミナー終了後、折角日本橋まで来たのだから「日本橋」の写真を撮って帰ろうと
中央通を歩き出しました。
直に首都高速 中央環状線が見えてきます。
信号の脇に大きく「日本橋」の看板があります。

日本橋です。
サラリーマンばかりなので、写真を撮るのが何となく恥ずかしかったのですが、
ブログネタのためです。
頑張って撮りましたよ。

この日本橋の街頭は首都高の上に伸びています。

以前、首都高で渋滞にはまったときに、街頭の上部を写真に収めたことがあります。
こちらもご覧くださいね。



大きな地図で見る

5月1日 甲斐の猿橋  (2011-07-14)

笹子トンネルを東京方面に走り大月を越えると猿橋町に入ります。
「新猿橋西」の信号を左に入ると場末の温泉街の入り口のような景色が目に入ります。

猿橋町は、日本三奇橋のひとつとして有名な「猿橋宿」です。

猿橋の名の由来は、猿が互いに体を支えあって橋を作ったのを見て造られたと言うものです。
そういえば、昔、日本まんが昔話(TBS)で見た記憶があります。

大水で流されないように橋脚のない橋を造ったもので、
===* Wikipediaから引用 *===
岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差込み、中空に突き出させる。
その上に同様の刎ね木を突き出し、下の刎ね木に支えさせる。
支えを受けた分、上の刎ね木は下のものより少しだけ長く出す。
これを何本も重ねて、中空に向けて遠く刎ねだしていく。
これを足場に上部構造を組み上げ、板を敷いて橋にする。
猿橋では、斜めに出た刎ね木や横の柱の上に屋根を付けて雨による腐食から保護した。
===* おわり *===
だそうです。


なるほど刎ね木や横棒に屋根が乗せてあります。

橋の上に立つと足がすくむほどの高さです。
高所恐怖症の玄爺はやっとの思いで撮影しました。

国道側に振り向くと水路橋。その向こうの赤い橋は20号線の橋です。

この猿橋。余程、古い橋かと思ったのですが、昭和59年に架け替えられたものだそうですよ。

駐車場の脇から見ると橋の全体像を見ることが出来ますよ。

猿橋のたもとには大きな石碑があり、蕎麦・うどん・ほうとうを出す大黒屋というお店があります。
大黒屋は昔は宿だったそうです。
なんとも歴史の息吹を感じます。
大量の自転車とバイクの人達がいて落ち着きませんでしたので、食事は諦めました。
関係ない話ですが、自転車やバイクの人達は大勢で動くのが好きですよね(笑)



大きな地図で見る

5月1日 道の駅 「甲斐大和」  (2011-07-11)

玄爺宅のゴールデンウイークは5月2日の平日を前に前半戦を終えました。
南清庵から東京への戻りは下道で帰ることにしました。
南清庵から笹子トンネル手前まで約1時間半。
丁度、トイレ休憩のタイミングのようなので、「甲斐大和」に入ります。

結構、満車に近い状態でした。

隣に車を停められたくない玄爺は、駐車場ではない通路にドンと停車です。

停めてしまえば、駐車場なのか通路なのか分かりません。
でも、トイレを済ませて早々にその場を離れました(笑)



大きな地図で見る

6月5日 桂川ウエルネスパーク  (2011-07-09)

6月4日は南清庵の草刈をやりに下の子(♂)と二人で出掛けました。
その帰り道、一般道で東京の自宅まで帰ることにしました。

2011年4月に全エリア完成となった「桂川ウエルネスパーク」に昼食&トイレ休憩に寄りました。

西ゾーンの駐車場に着くとすぐそこに「里山交流館」があります。

この「里山交流館」の中に食堂があります。

この写真では空いているように見えますが、かなりの混み具合でして、食券を買うのに10分程掛かりました。

食事を終えて外に出てみると眼下に中央道が見えます。

ブラブラと中央ゾーンに進むと下の子(♂)が目を輝かせる遊具があります。
長いローラー滑り台です。

下の子(♂)は「ここで遊んでる!」と言って、東ゾーンの探検を放棄。
仕方なく玄爺ひとりでウロウロと奥へ進みます。

農業体験ができるという畑が並んでいます。
その坂の下には大きなドックランが広がります。

このドックランを利用するには狂犬病の予防接種の証明などがいるそうです。

更に奥に進むといよいよ東ゾーンです。
東ゾーンに入るには、この あかね橋 を渡ります。

玄爺も渡ってみようと進みますが、結構 揺れます。
高所恐怖症の玄爺は半分も進めずに断念しました。

地上から36mもあるらしいです。
こりゃあ、玄爺には無理無理(笑)

次回の南清庵からの帰り道では、女房と上の子(♀)も連れて来ようと思いながら
帰路につきました。




大きな地図で見る

5月1日 大滝湧水  (2011-07-08)

今年の5月連休は5月2日が平日で上の子(♀)下の子(♂)ともに学校でした。
その性で4月28日から5月1日まで、南清庵に滞在しました。
滞在が短いので草刈に追われて休みは終わりです。
東京に引き上げる5月1日の早朝は、例の如く大滝湧水の水汲みです。

静かな池面に時折魚が跳ねます。

玄爺達以外に2組の水汲み客がいましたが、神社の中は静かで幽玄な雰囲気が漂います。

いつも変わらずに滾々と湧き出る湧水の音に癒されるひと時です。

5月1日は20号線をひた走り。高速道路を使わずに帰ります。



大きな地図で見る

4月29日 わに塚の桜  (2011-07-06)

久しぶりに、わに塚の桜を見に出掛けました。
見事な葉桜になっていましたよ。

満開の頃は、今年も大変な賑わいだったのでしょうね〜。



大きな地図で見る

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

南清庵 の 玄爺 です!

南清庵 の 玄爺 です!

蕎麦打ち・うどん打ち・パン作り・畑・散歩・車・他を趣味とする都内在住の45才のオヤジです。
寄る年波の性か物忘れが激しくなったのをキッカケに日記を残そうと思い立ちました(笑)。
趣味三昧の手前勝手な内容ですが、時々お立ち寄り下さいね。

twitter

Search

Others

fxwill.com

 

2009年5月8日〜計測

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

お名前シール
Slow-Rabbit

Calender

« | 2011-07 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -