南清庵

蕎麦打ち・うどん打ち・パン作り・畑・散歩・車・他 趣味三昧の日記。

 | HOME |  NEXT »

6月26日 明治神宮のとうふアイス  (2010-06-30)

明治神宮の南参道の入り口にあるお店です。

とうふアイス? 珍しいものに惹かれやすい玄爺。食べていくことにしました。
350円というのは少し高いですが。

渡されての第一印象は「小さ!」です。

味はとうふの風味が強くてなかなか美味しい味です。
明治神宮の入り口方向を見ながらオープンテラスに座ってのんびりと食します。

朝8時頃に家を出発して、昼12時には自宅に戻っていました。
時間は短いですが濃い散歩でした。

6月26日 明治神宮の花菖蒲  (2010-06-29)

明治神宮の菖蒲田を見学に明治神宮の御苑に入ります。
入苑料は大人500円、子供200円でした。

清正井という井戸があるのですが、最近話題のパワースポットで、
平日の午後でも2時間待ちだそうです。
清正井を見るためには御苑入口の北門で整理券をもらわなければいけません。
玄爺は、清正井は見ないでいいので御苑入口の東門から入りました。
深い杜の中、坂道を下っていくと南池から流れる小川が誘水されています。

緑の臭いが非常に強くて、風が来るたびに思い切り深呼吸してしまいます。
倒れそうになりながら力強く伸びる松の下をくぐると南池です。

明治天皇の御世の皇后様が使われたという御釣台です。
この御苑は江戸初期以来加藤家、井伊家の下屋敷の庭園だったそうですが、
明治時代に入ると宮内省の管轄となって代々木御苑と言われるようになったそうです。

また、皇太后が利用されたという隔雲亭。
戦災で消失し再建されたものらしいです。

隔雲亭から南池、御釣台方向を見ます。

柵の一本一本が竹を曲げたものです。
なんとも風情があります。庭園はこうあいたいものですね〜。

南池沿いに進むと水幅が徐々に狭くなっていき、いよいよ菖蒲田です。
ん?思ったよりも花が少ないです。

それでも一部はまだ賑わっていました。

満開でなくても1本1本の花が綺麗だから許せます。

左奥に見える四阿にのぼりました。
今来た方向を見ます。

これから行く方向です。

奥の方が花が残っている感じです。

宇宙(おおぞら)、九十九髪(つくもがみ)、三笠山(みかさやま)、仙女洞(せんにょのほら)、
王昭君(おうしょうくん)、都の巽(みやこのたつみ)、立田川(たつたがわ)、
鶴の毛衣(つるのけごろも)、五湖遊(ごこあそび)があるそうです。

どれがそれなのか勉強不足の玄爺には分かりません。
だんだんに覚えられるといいのですが。。。

トトロが住んでそうな木の穴がありました。

御苑の散策を終えて、これから南参道を戻り帰路につきます。

6月26日 明治神宮参拝  (2010-06-27)

26日は朝一番から明治神宮の菖蒲田に花菖蒲を見に行くことにしました。

仕事では山手線でよく通るのですが、久しぶりに原宿で降りました。

モワっとした湿気が強く蒸し暑い空気が流れる駅前を離れて明治神宮の
南参道口の鳥居に来ました。

南参道に入るとスーッと冷えた風が体を撫ぜていきます。
程なく小さな橋に差し掛かりました。
下には南池から流れる小川が流れています。

御苑入り口を通り過ぎて大鳥居までやってきました。

更に参道を進み唐門につきました。
大きく威風堂々としています。

本殿が見えてきました。

中では結婚式をしていたようで、記念撮影をしていました。

玄爺もお参りをします。

あちこちに菊の御紋が入っています。


参拝を終えて北参道側から南参道へ戻るコースへ出ました。
すると、こんな不思議なコブのある木に出会いました。

南参道を少し戻り、これから花菖蒲を見学に御苑に向かいます。

それにしても、都会の真ん中とは思えない別世界です。
気持ちがいい空間です。

6月20日 祖母のお見舞い  (2010-06-26)

6月20日は千葉に入院する祖母のお見舞いに出かけました。
上の子(♀)はバスケットボール部の試合で行けません。
女房と下の子(♂)を連れて行きました。

考えてみると前回は1月3日に行ったので、約6ヶ月ぶりです。
いつも冬にお見舞いに行き、夏場はあまり行かないので、
周囲の木々が新鮮に感じます。

入り口にも元気に枝をはる木がありました。

中庭の雰囲気は冬も夏も変わらないです。

お見舞いを終えて、帰りの首都高速。
東京スカイツリーが見えました。

更に日本橋の街頭がニョッキリと首都高の上にのぞいていました。

16時過ぎに自宅についた玄爺でありました。
次は上の子(♀)も連れて行きたいです。

6月19日 根津神社  (2010-06-24)

白山神社から約1km離れた根津神社まで歩いて移動しました。
根津神社は大きな神社で結婚式なども行われる旧い神社です。

鳥居をくぐると橋の向こうに立派な楼門が見えてきます。

この楼門は国の重要文化財だとか。

神楽殿を右に見ながら唐門をくぐります。

すると立派な社殿があります。
平成20年6月より行われていた社殿の漆塗修理が完成したそうで、
見事な朱色が目にまぶしいです。

中では結婚式が厳かに行われていました。


参拝を終えて楼門まで戻り、池に沿って右手に曲がると
そこはツツジいっぱいの山です。
4月からゴールデンウイーク頃に花祭りが行われているそうで、
物凄い混雑らしいです。

池の脇から無数の鳥居が並んでいます。
どうやらお稲荷さんがあるようです。

長い鳥居のトンネルを進んでいきます。

すると池の上にせり出す広場が出てきます。

乙め稲荷社となっています。

お稲荷さんにも手を合わせて先にすすみます。

お稲荷さんを出て根津神社の脇を元きた方向に戻ります。

再び、表参道の鳥居まで戻ると目の前に可愛らしい小さなお店が。
焼きかりんとうのお店、花小路です。

玄爺、歯茎が弱いのでかりんとうはNGなんですが、
この焼きかりんとうはサクサクと軽い食感で玄爺でもOKでした。

白山神社、根津神社を参拝した玄爺、
本来の目的である上の子(♂)のサッカーの応援に向かいます。
とっくに始まっている時間です(笑)

ようやく学校につくと、元気に試合をしていました。

非常に蒸し暑いので熱中症になる子がいないか少し心配です。

休憩時間におにぎりをひとりほうばる食いしん坊がいました。
我が子です ^^;

16時頃練習試合も無事に終わったので、白山駅まで徒歩で戻ります。
この日は全部で4km以上を歩きました。

6月19日 白山神社  (2010-06-23)

6月19日、文京区にある学校で下の子(♂)のサッカーの練習試合がありました。
応援に行くことになりましたが、近場に駐車場はありません。
そこで、電車で応援に行きがてら、アジサイで有名な東京文京区の白山神社にも
お参りしてみようということになりました。

三田線の白山駅から歩いて2分ほどで、あっという間に白山神社に到着です。

鳥居を抜けて境内に上がると早速アジサイが。

アジサイ園はこちらの誘導板に従って神社境内を右方向に曲がります。
すると渡り廊下の下をくぐります。

なんだか雰囲気が出てきたので楽しみにしていると。。。
あれ?
左側には公園が。神社を出てしまいました。
右手には、こんな看板です。

どうやらアジサイが沢山咲き乱れている小山には入れないようです。

太い幹の木の周りにも沢山のアジサイがあるのに。。。

仕方なく来た方向に戻ります。
それでも小さな本殿の周りに密集してアジサイが咲いていました。

アジサイの大きさには驚きました。

ふと気が付いたのですが、額アジサイが非常に少なくて。。。
もしかしてこの1本だけだった気がします。


駐車場の周囲にも少しアジサイがありました。

駐車場の端っこにはユリの花。

3000本のアジサイがあるとHPに書いてあったので楽しみにしてきましたが少々、がっかりでした。
でも、きちんとお参りをします。

これだけでは終われない気分になりまして、これから根津神社まで直線距離で1.1Kmを歩いて
移動しようということになりました。次回、ご紹介しますね。

愛車bBの引掻き傷  (2010-06-22)

4月末とゴールデンウイーク明けに立て続けに付けられた引掻き傷。
5月27日〜6月11日で修理しました。
流石にプロが直すだけあって綺麗です。

リアクオーターパネルも塗装してもらえば良かったです。
歩道を歩く人たちがバックや荷物をこすった薄い擦り傷がいっぱいです。
この携帯電話のカメラでは写りませんが。。。

付けられた深い傷は故意の悪戯の可能性があるということで警察が動き出しました。
隠し監視カメラの画像を提供しました。
近所または玄爺の知り合いの可能性が強いとか。。。気分的に嫌です(苦笑)

こちらは直していない左側。

違和感はありませんよね。

右側の外したマルチビレットモールは塗装から約1ヶ月後の7月10日頃に貼り付ける予定です。

6月13日 清里 清泉寮  (2010-06-21)

12日に南清庵の竹林の筍の整理と、三角の畑、庭先の畑の草刈をしました。

家族を全く遊びに連れていけなかったので、13日の帰りに清里に上がりました。
混んでいたら別の場所に行こうと思ったのですが、
駐車場が空いていたので、急遽 清泉寮でソフトクリームを食べることに。

空いているといってもソフトクリーム売り場は行列です。

ここのソフトクリームは溶けるのが凄く早いんです。
買って1分後。

そのまた1分後です。

寮を見ながら美味しいソフトクリームをペロペロ。

ソフトクリーム売り場は混んでいましたが、広い牧場はガラガラです。

真夏はこの広場も人で埋まるんですよね〜。

この後、高原道路を小淵沢までドライブして帰路につきました。

次の南清庵行きは梅雨明け頃になるでしょうか。。。

6月の畑  (2010-06-20)

6月12日の南清庵行きは、筍の収穫が目的でした。
でも、畑をそのままにして帰ることはできません。
畑の面や土手の草刈をしなければ!です。

6月の三角の畑をご紹介します。

一番奥に見えるのが、ジャガイモです。

男爵、メイクイーン、オオシロ、キタアカリの4種類が植えてあります。

こちらはメイクイーンの花。

こちらは男爵の花です。種類によって花も違うんですね。。。
あれ?当たり前でしょうか(笑)

ジャガイモのとなりには、松本一本葱を植えてあります。
雑草のように所々に生えている草は去年のジャガイモの取り残しが生えているんです。
勿体無いから除去するのをやめました。

1ヶ月少しで結構元気に育っています。

更にその隣にはトウモロコシです。

成長をみると既に太く根を張っていました。

トウモロコシの隣にはサツマイモです。

これから梅雨入りですが、雨が溜まりすぎると枯れてしまいます。
周囲の土で土手を作りワラを引き込んでおきます。

カボチャの苗はふたつ植えたのですが、ひとつは枯れて無くなっていました。
また、残ったひとつもツルを出す前に花を咲かしています。
もしかしたら、今年はカボチャは全滅かもしれません。

三角の畑の頂点部分には自生し始めたヒマワリが群生しています。
将来は三角の畑の土手がヒマワリでいっぱいになるといいな等と思ってます。

こちらは、庭先の畑です。

ナスが3苗。

ピーマンが2苗。

既に実がなっていました。草勢を強くするために実は収獲しました。

こちらはジャンボイチゴ。

こちらは、あきひめというイチゴです。

よく見ると実がつき始めています。

トマトです。
左側3本が普通のトマトで、右の2本がプチトマトです。

トマトも実が付いていました。

キュウリも順調に成長しています。

ツルが何本も出ていて草勢も強いようです。
梅雨の前に葉の枚数が増えないと病気に掛かりやすいんですよね〜。


これは何という花なのか分からないんですが、玄関の脇に毎年咲く花です。

最後はお辞儀をするように花が地面に向かって種を落とすんです。
見ていると面白いですよ。


草刈は、筍の収獲を終えた10時過ぎに始めて16時過ぎまで掛かりました。
でも綺麗になった畑を眺めているときが一番の幸せ気分です。

6月12日 破竹  (2010-06-18)

6月11日の夜、南清庵へ移動しました。

12日の朝、南清庵の裏庭にある破竹の竹林にニョキニョキと伸びる筍を収穫しました。

収穫をしてしまってから写真を撮ったので、大きなものしか残ってません。

と、こちらは収穫した筍の灰汁を取る作業です。
袋に米ぬかを詰めて一緒に数時間煮込んみます。

その後、一晩つけたままにします。

この破竹の筍。柔らかくて風味が良くて最高の逸品です。
筍ご飯、このまま山葵醤油につけて、ちくわや人参と和えて筍の煮物。。。
色々と楽しめます。

 | HOME |  NEXT »

PAGE TOP ▲

Appendix

南清庵 の 玄爺 です!

南清庵 の 玄爺 です!

蕎麦打ち・うどん打ち・パン作り・畑・散歩・車・他を趣味とする都内在住の45才のオヤジです。
寄る年波の性か物忘れが激しくなったのをキッカケに日記を残そうと思い立ちました(笑)。
趣味三昧の手前勝手な内容ですが、時々お立ち寄り下さいね。

twitter

Search

Others

fxwill.com

 

2009年5月8日〜計測

 


ブログランキング・にほんブログ村へ

 

お名前シール
Slow-Rabbit

Calender

« | 2010-06 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -